MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

トヨペット店での商談の方法

 

アルファードを限界まで安く買う方法はこちら !

 

 

商談レポートです!

 

契約した日時

2018年1月

商談エリア

大阪府
年齢層 30代の男性
グレード SCパッケージ
オプション ホワイトパールクリスタルシャイン
オプションからの値引き 0円
納車費用 0円
車庫証明 カット
無料サービス ガラスコーティング

 

 

【支払い概要】

 

総合計

444万円

車両本体価格

417万円

メーカーオプション

24万円
付属品 48万円
車両からの値引き 45万円 ※最新のアルファード 値引きはこちら
現金払い 244万円
下取り車売却額 200万円

 

 

【下取り車情報】

下取り車 平成26年式 三菱アウトランダーPHEV

(走行距離2.9万キロ)

トヨペット店

下取り提示額

190万円
愛車の売却価格 200万円
愛車の売却先

ユーポス
車買取比較サイト カービュー

【リアル商談概要】

 

 

地元店と隣県店の2店にヴェルファイアを見に行くと、下取り170万円・値引き25万円。

 

日産のエルグランドは数回交渉しても条件はまったく拡大せず。

 

本命のアルファードは初回から本値引き40万円の値引きが提示されました。

 

交渉している途中に、下取り査定額を10万円アップしてくれて190万円になったが、買取専門店のユーポスで査定してもらうと200万円に。

 

燃料満タン納車や納車費用のカットもしてくれて、ガラスコーティングも無料してしてくれるというので契約しました。

 


 

 

下取り車は平成26年式の三菱アウトランダーPHEV。

 

高年式ですが、走行距離は約3万キロでボディにすり傷ありとのこと。

 

下取り査定額は交渉スタート時に比べると10万円アップして190万円。

 

上乗せされた分は値引き支援と考えていいと思います。

 

初回車検前に下取りに出すということは、おそらく国からのCEV補助金をもらってないと思われます。

 

多くのユーザーはCEV補助金を使って購入しているので、中古車流通台数は限定的です。

 

アウトランダー人気は高いのですが、それでも新車価格の52%(通常70%)ということを考慮すると、まだまだPHEV(プラグインハイブリッド)は下取りの扱いが難しいようですね。


 

 

 

下取り車の価格を調べてからトヨペット店へ行って下さい!



トヨペット店へ行く前に!!

 まずは愛車の売却相場を知らないと・・・
 愛車の下取り額に対して正しい判断が出来ず、損をする可能性が大です!



 だから!!
 「カービュー」 等のネット一括査定サービスで愛車の売却相場を知って下さい。
 査定額の差が最大で65万円となったケースも実際にあります!